緊急避妊薬であるアフターピルは短期的に使用する

経口避妊薬として認知されているピルですが、欧米に比べると日本では避妊薬として使用している人は少なく、主に月経前症候群や子宮内膜症などの女性特有の病気の治療薬として使用されています。
ピルによって避妊効果が得られる仕組みは、含まれている女性ホルモンに関係しています。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが、バランスよく配合されていることで、乱れたホルモンバランスを正常にし、生理痛を軽減したり、月経前症候群の不快な症状を改善していきます。

子宮内膜症によって痛みや出血過多になる原因は、子宮内膜が厚くなり、はがれ落ちるときに血管がつまり痛みや出血がひどくなります。ピルを服用することで、子宮内膜が厚くなる前に生理を起こすので、痛みや出血を軽減できるため、治療にも使用されています。
この子宮内膜を厚くしない、排卵を抑制する、受精卵の着床を阻止するという働きを利用して避妊効果を得ることができます。

現在ピルの中でも主流となっているのは、女性ホルモン量が少ない低用量ピルです。
毎日1錠を、決まった時間に服用することで、妊娠を抑制することができます。正しく服用していれば、ほぼ100パーセントの確率で避妊効果を得ることができるので、女性にとっては心強い薬といえます。
一方女性ホルモン量の多い、中用量、高用量ピルは、アフターピル、緊急避妊薬とも呼ばれ、避妊に失敗した後に服用することで、急激に生理を引き起こして、妊娠を阻止します。
低用量ピルのように毎日服用して避妊効果を得るのとは違い、緊急的に使用するものなので、常用せず短期的に使用するのが特徴となっています。
低用量とは違い、含まれているホルモン量が多いため、副作用も強くでる場合があります。あくまでも緊急的に使用するようにしましょう。

トップページへ