ピルと飲まないと製造について

現在製造されている、女性用のピルによる避妊方法は、日本の女性にも次第に認知度が高まってきています。

避妊は失敗が許されないものであり、そんな中で日本では避妊のためには、コンドームが多く利用されています。日本製造の質の高いコンドームであっても、避妊を失敗のする確率は意外と少なくはなく、これは製造過程の問題ではありません。品質は高いものの、正しい装着ができていないなど、使用者側のミスが多いためです。

ゼリーのついた裏表を間違えていたり、爪でゴムを破いてしまうなどのミスを起こしやすいです。でも現代においては、賢い女性の多くは、もはや男性任せにはしない人が増加してきています。

日本では1999年に解禁された、病院で処方される避妊用のピルの利用をすることで、女性は自分の体を守ることがでくます。国内で製造されている、避妊用のピルのほとんどは、低用量のタイプであるために、利用しての副作用も少なくてすみます。

女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含有する医薬品であり、その成分によって妊娠している状態と同じようなホルモン値が高い状態にすることになります。脳は身体の方は妊娠したと勘違いをして、妊娠に関連する排卵などの営みを停止します。こうした仕組みがあって、避妊確率はほぼ確実に成功することになります。

ピルによる避妊効果を得るためには、医薬品は継続的に服用することが条件となりますので、飲まない日が数日も続いてしまうと、避妊効果はなくなります。ピルの服用を再開するには、次の生理が来るまで待つことになります。その場合は次回の月経までの間には妊娠する可能性があるため、ほかの手段で避妊をすることになります。

トップページへ